就活とは

今日面接

就活とは就職活動の略で、卒業予定の学生や失業中の人が仕事を探すために行う活動のことを言います。
就活を行う人が最も多い大学の学部生を例にあげると、通常大学3年生の秋頃から始まり、半年から1年間活動を行います。
近年の就活はインターネットを介して行うことが多く、多くの学生はインターネットの就活サイトに登録して自分の希望条件に合う企業を探したり、企業のホームページから応募します。
また、合同説明会という様々な企業が一か所に集まって説明会を行うイベントに参加して就職活動を行うこともあります。

応募したい企業が決まったら、まずはエントリーシートを書きます。
エントリーシートとは履歴書のかわりに提出する書類のことで、近年大企業では主流になっています。
エントリーシートは履歴書同様に応募者の氏名、住所、写真、学歴、志望動機の他に、自己PRという自分の経験や持ち味をアピールすることに加え、その企業独自の質問が課せられていることが多く、企業の特色を表すものの1つでもあります。

また、エントリーシートは1次選考に使用されることが多いため、それに貼られる証明写真も重要な要素の1つとなります。
1次選考が書類審査のみの場合、写真の様子は応募者の第一印象に大きく影響します。
そのため、大学によってはエントリーシートの書き方に合わせてスーツの着こなし方、メイクの仕方を学生に教え、より印象の良い写真を撮るよう指導しているところもあります。

写真写りアップ方法

リクルートスーツ

就活を行う場合に、重要とされるのがエントリーシートです。
エントリーシートとは、申込書をいい、最初に企業に自分をアピールする為の大切な書類の事をいいます。
この書類は、企業が最初に自分を評価する大切な書類でもあるのでの重要なのです。
就活を行う場合には、複数のエントリーシートを記入して企業に送りますが、ここでは、写真の重要性についてお教え致します。

就活を行う場合には、身だしなみや人間性を見る為の一つの材料ともなるのが写真であり、写真の写りが悪い事により、第一印象を悪くしてしまう可能性があります。
特に、直接、会う事が出来ないエントリーシートでの応募となる為、写真があなたの第一印象となるのです。
その為、写真を撮る場合には、プロの方にとって頂く事も良いですが、自分でアレンジをすると良い写真を撮影する事が出来ます。

まずは、撮影を行う場合には、身だしなみに気をつけましょう。
身だしなみに自信がない場合には、就活を行っている方の為の身だしなみの講座もありますので利用すると、どういった身だしなみが良いのかや顔のお手入れの仕方などを教えて貰う事が出来ますので、受講すると良いです。
現在は、男性も眉毛を整える程度は当たり前の為、将来の為にも良いです。
そして、撮影の場合には、印象を良くする為に、撮影時に白いハンカチを膝において顔が明るくなる反射板の役割をする為、置きましょう。
置く事により、顔が明るくなり明るいイメージとなり良い印象を与えることが可能となります。

就活写真はどうする?

面接スケジュール

就活での写真は皆さんどのようにしているのでしょうか。

通常、就活で使用するエントリーシートに自分の写真を張り付けるはずですよね。
面接官の人や人事の人は写真もしっかりと見ています。
エントリーシートに貼り付けられた写真だけでその人の採用の合否を付けることは少ないにしても、シートを開いて真っ先に目に入ってくる顔写真は印象を大きく左右します。

第一印象の9割は顔で決まるといいます。
志望する企業の面接官に悪い印象は与えたくありませんよね。
後悔なく、自信を持って面接に挑むためにも、就活写真はプロの手で最高の一枚を用意しておくのがベストではないでしょうか。
しっかりと身だしなみを整えて、はつらつとした顔のものをエントリーシートに活用すれば、採用への大きな一歩となるはずです。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031